読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

「SOFT SKILLS」をやっと読み終えた。

前に話題になっていた「SOFT SKILLS」の翻訳版について、発売日に購入して少しずつ読み進めていましたが、やっと読み終わりました。

ということで感想を書いてみようと思います。

一番最初に思ったことは、意識の高い技術者はすでに実践していることがほとんどかと思います。

自分が意識高いと思っているのであれば、この本は不要ですね。

私みたいな意識の低い人には、とてもためになりました。

ただ、たまに見る自己啓発本に技術者ならではアドバイスが入り混じったものというのが読み終わった後ふと思ったことでもあります。

まあ、何にしても読んで多少はやる気になれたので買ってよかったものではあります。

作者のあとがきにも記載されていましたが、一部の内容はこの日本では受け入れがたいものもあります。

受け入れがたいというよりも文化の違いというものでしょうか。

日本はあれですし。。。

決して悪いことばかりではないですが、悪いことは目立つのでどうしても目に入ってしまいます。

ただし、解説のまつもと氏も記載していますが、「日本の文化などのせいで成功できないのはそれは日本が間違っている」との記載と書いている通りに自分たちで少しずつ変えていく必要があります。

大変なことではありますが、それで自分が損と考えれば頑張ってみる価値はあるのかもしれません。

本の中身の話をすると、以下のエントリーでも記載しましたが、その悩みを解決するには辛くてもやり続けなければいけないということです。

やっぱり人間は、楽な方に流れていくのでそこをグッとこらえられるかが一つのポイントとのこと。

一番いいのは、ルーチン化することだそうです。

確かにルーチン化できれば、意識しなくとも毎日勝手に?やるので結果がいつか返ってきますね。

あと、お金について投資をしようという章もありました。

興味はありますが、あまりいい話を聞かないのでどうしても尻込みをしてしまいます。

そもそもの悪い話を詳しく聞くと、調子に乗ってやりすぎたことによるものですが、やっぱりそれなりのお金が動くと冷静な判断は難しくなりますよね。

今の年金とか社会情勢を考えると給料をちまちま貯金して老後が安心できるかというとそんなことはないと断言できるので今からそこまでを視野に入れて行動することは確かに重要なことです。

最初の一歩として、投資のサイトでも覗いてみようかしら。

今更ですがひとつ思ったことは、英語ができればもっと早くにこの情報を手にいれていて一歩先をいけると考えると、英語ができないということは不利なんだなということを改めて感じた今日この頃でした。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル