読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

「エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢」を読んで

なんだか流行っているみたいですね。

私も流行りに乗って読んでみました。

今の所、アメリカに行って働きたいとは思っていないので役に立つかというとなんとも言えませんが、読み物として面白かったです。

今の日本では、なかなか体験できないことが記載されているので、とても新鮮です。

いつか日本企業がアメリカ風になっていった時には、役に立ちそうです。(そんな日はこないか・・・)

内容としては、エンジニアとして、アメリカで働く上で必要な知識(就職〜退職〜転職)がふんだんに盛り込まれています。

アメリカで働いた方がいいんだよ。という結論に向かって、いいところだけを紹介しているような本ではありません。

アメリカで働くメリットとデメリットも隠すことなく必要な事項がもれなく書かれていますので、今まさにアメリカで働くことになった方々は一度読んでおくと良いかと思います。

しかし、今まさにアメリカで働きたくてどうしようもないという人にとっては、つらい現実を目の当たりにしてしまうので、覚悟が必要ですね。

私は読んでみて、現状を一度振り返るいい機会になりました。

アメリカの厳しくも楽しそうな雰囲気を感じることができ、今の自分がそういう環境にいたらどうなんだろうとふと思いました。

今の会社に不満がなくはないですが、これから先自分がどうなりたいかを考えると、今の道ではないかなという結論に至っています。

どちらかというと最先端で技術を追い続けもりもりコーティングしていたいと思っています。

今の道は、最先端というよりかは最も後をゆっくりと進んでいます。

そもそもメインフレームをやっているところはだいたいそんなところが多いのではないでしょうか?(と言っても特定の人しかわからないと思います)

ただ、メインフレーム系の技術者が先端バリバリなことろに行くためのビジョンが見えないのが悩みどころです。

どうしたものか。

それと話は戻りますが、ちょっとだけアメリカで働いた気分になれました(笑)