読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

たのしいインフラの歩き方を読んで

たのしいインフラの歩き方

たのしいインフラの歩き方

最近色々な本に手を出して追いつかなくなっていますが、「たのしいインフラの歩き方」を買いました。

書店で何気なく手にとってパラパラと読んでみたら面白かったので、kindle版で出たら買おうと思っていた矢先に出ていました。

まだ途中までしか読んでいませんが、インフラについて結構踏み込んだ実践的な本です。

作者は、アプリケーションエンジニアからインフラに転身して小規模のスタートアップから大規模までの経験がふんだんに盛り込まれています。

中には、あるあると頷くような内容も書かれているので、インフラをやったことのある人にとっては、読み物としても面白いと思います。

内容は、読み物というわけではなくそれなりに踏み込んだインフラ技術についても書かれているので、ある程度知識がある人でないと置いて行かれれる可能性はあります。

ただ、がっつり技術系の話をしているというわけではないので、アプリケーションをメインに開発している人にとっては、インフラの知識が手に入ると思います。

途中まで読んだ感想としては、何事も先を見越して考えておくに越したことはないということですね。

インフラに限らず、行き当たりバッタリで突き進んでいくとあとで後悔することになる。

というメッセージが読み進めるたびに伝わってきます。

わかっているのですが、なかなか難しいことです。

さて残りを読み進めていこう。