読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

オペレーティングシステムの概念を読もう(p.86~p.111)

オペレーティングシステムの概念」を読もう。

三章 プロセスの後半まで読みました。

理解が甘かったキーワードメモ

PCB(Process Control Block)、スケジューラ(ジョブスケジューラとCPUスケジューラ)、コンテキストスイッチ、プロセス間通信(共有メモリとメッセージパッシング)、生産者−消費者問題

以外と読みやすいので苦戦はしないです。

ふと考えたことですが、一般的にプロセスとは、実行中のプログラムですが、ある一時点をみるとメモリ内に展開されている情報が変わっているだけです。

もちろんそういうことではないのですが、結局はメモリ内の0と1を入れ替えているだけで、今使っているようなサービスを表現できるのだからすごいですよね。

充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。とどこかの偉い人が言いました。

その魔法の原理を追求していくと以外と大したことはしていないのということがわかってしまうので、それはそれで、夢がない話だなと思った今日この頃でした。

オペレーティングシステムの概念

オペレーティングシステムの概念