読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

ツイッターで学んだいちばん大切なこと

夏の読書感想文第六弾 「ツイッターで学んだいちばん大切なこと」

ツイッターの創業者は誰かという質問にあなたは答えることができますか?

私は、この本を読むまで知りませんでした。

知っている方はかなりのツイッターマニアではないでしょうか。

フェイスブックであれば、マークザッカーバーグ

アップルであれば、ステーィブジョブズとスティーブウォズ。

とすぐにでてきます。

今やツイッターといえば、おおよそ誰もが知っているサービスの一つにもかかわらず、あまり知られていないというのも不思議な話ですね。

誰が作ったかを知るには140文字では少なすぎたのかもしれませんね。


本書を読んでみての感想は、ビズストーン氏の哲学がふんだんにちりばめられた一冊でした。

本書の作者がツイッターを作ったというわけではなく、その考え方を作りました。

ツイッターがなぜ140文字だったのか、今では想像できませんが、サービス開始当初は不安定だった。

そしてその不安定な状態をどのようにして解消し、今に至るかが記載されています。

気になった方は、読んでみてください。