読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

「シンプルに考える」を読んで(何事もシンプルが一番ということ)

夏の読書感想文第五弾 「シンプルに考える」を読んで 

シンプルに考える

シンプルに考える

 

「シンプルな」内容なのでさらっと読むことができます。

しかし、その内容はさらっとしていません。

日本にある一般企業と比べるとまるで真逆のことをやっています。

 

目次を一部抜粋すると

「お金」を中心に考えない

「空気」を読まない

「成功」は捨て続ける

「モチベーション」は上げない

「偉い人」はいらない

「統制」はいらない

「経営理念」は文書にしない

「計画」はいらない

「ルール」はいらない

「会議」はしない

「情報共有」はしない

これだけでも真逆なことが書いてあることが分かります。

 

さらっとしていない内容ですが、要約すると「ユーザのニーズに応えることに全力を向ける」とさらっとしたものになります。

 

もちろんニーズに応え続けられる優秀な人をいかに集め、常に前に走り続ける仕組みを作るにはどうすれば良いのかを考える必要があります。 

 

その答えを考え尽くした作者の思想がふんだんに記載されていました。

 

作者はそれだけの成功を手にしたにもかかわらず現在は別の会社へ行って一から頑張っているというからもう頭が上がらないです。

私も少しは見習う必要があると感じた本でした。