読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

職業プログラマにならないほうがいい?

雑記

ちょっと前にこんな記事がありました。 

 

プログラマは、今後人工知能に取って代わるので、そういうリスクもあるよという話。

 

ただし、ここでのプログラマの定義は、”下流行程”で仕様通りに実装するだけの人とのこと。

それならば、人工知能にその地位を取られるリスクは考えられます。

 

しかし、日経ソフトウエアの中の人であれば、「下流行程だけをやるプログラマになる」ではなく、「素敵なアイデアを形にして第二のGoolgeを目指せ」ぐらい言ってほしいですね。

 

それに人工知能が仕事を奪うと言っても人工知能が作ったプログラムをそのまま使えるものでしょうか?

テストやチューニングする必要はあるはずです。それともそこまでも出来てしまうのでしょうか人工知能。。。

 

違う分野ではありますが、機械式時計を作っているところでは、部品や組み立てを機械的に作れるようにしているものの、最終的なチューニングは、時計技師がやっています。

 

確かに、人工知能が今後どこまでのレベルに達するのかは、興味深い話ではあります。

 

人工知能が人間を超える知能を身につければ、自分たちに取って合理的な世界を作ろうとするでしょうし、そうなると人間は不要となるのも目に見えます。

 

ただ、人工知能はどうやって管理(メンテナンス)するのでしょうか?

自己診断で機能をアップデートできるのか?

もしそうなれば、それこそSFの世界であるような人工知能が世界を乗っ取るという未来もあるかもしれませんね。

 

人工知能と言っても結局作るのは人間なので、間違いがないということはないと考えます。

 

つまりは、あまり悲観的にならないでプログラマを目指しましょうという話でした。

 

さらに目指すからには、言われたものを作るだけではなく新しいものを生み出せるように常に前に進むことができるプログラマを目指す必要はあると思います。

(自分で言っていて耳が痛いです。。。) 

 

人工知能に負けないように頑張ろう。

人工知能 人類最悪にして最後の発明

人工知能 人類最悪にして最後の発明