読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

SICP始めました 48

SICP四十八日目

 

前日の2.4.2タグつきデータに引き続き2.4.3データ主導プログラミングと加法性を読んだ。

なるほど、ここもまた面白いことが書いてあった。

つまるところJavaなどのオブジェクト指向プログラミングに似ている。というかこっちが本家?

型による振り分けをすることで、データ型の多重度を上げたもののこのデータ型が複数個ならばまだ管理できるものの数百となるとすべてのタグを覚えて、同じ名前にならないように管理してとなるととてもじゃないがやっていられない。

そこで「データ主導プログラミング」ここでは、二次元の表を用いてその処理と型を表現している。

こうすることで、各々が作った手続きをパッケージ化して、表にその項目を増やしていくことで既存の手続きに手を入れなくて済む。

 

うまくまとめられていないが、こんな感じです。

 

問題2.73は重そうなので明日。。。できるかな?

 

計算機プログラムの構造と解釈[第2版]

計算機プログラムの構造と解釈[第2版]