読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yy_taroのとりとめのない落書き

メインフレームの導入・設計・構築ができるぐらいの知識があったりする。

youtuberとはなんぞや

 

最近よくyoutubeのCMを見るようになりました。

私も暇つぶしにyoutubeを覗くといつのまにか時間が経っているということがたまにあります。

 

そんなyoutubeで動画を作って投稿している人たちのことをyoutuberと呼ぶそうです。

一部のyoutuberの方々は、それ一本で生計を立てているツワモノいるみたいです。

でもそれってかなり大変だと思ったので、いろいろ書いてみました。

 

動画作りの流れを私なりに考えてみました。

 1 ネタを探す

 2 ネタについての動画を撮影する

 3 撮影した動画を編集する

 4 編集した内容の確認をする

 5 不具合があった場合は3に戻る

 6 動画を投稿する

 7 1に戻る

なんだかプログラミングしているみたいなりましたが、大体こんな流れではないでしょうか。

 

上記の流れで動画を作成するとして、どんな動画にするかで動画を投稿するまでの時間が大幅に違うかと思います。

例えばゲーム実況をするして取り上げる題材にもよると思いますが、単調な作業の動画とならないように編集すると数時間の動画撮影がものの数十分になったりするので、結構大変な気がします。

逆にガジェット系のレビュー動画であれば、内容次第だと思いますが実況よりは時間がかからないのではないでしょうか。

 

トップyoutuberの人たちは、さらにブログやツイッターフェイスブックなどのソーシャルメディア複数更新しており、毎日動画をアップロードしているとなると一体いつ寝ているのでしょうか。

加えて、さらに複数のチャンネルを持っているのでもはや謎の領域ですね。

 

youtuberの方々は、動画により広告収入を収益を得ており、広告料率をにより変動するものです。

つまり沢山の人がその動画を見るとそれに応じた料率で広告収入が入るというものです。

ちょっと前にその料率が下がったとかなんとかという噂もありました。

ちなみに今の料率は、正式に公開されているわけではないので正確なところは不明ですが、噂によると10分あたり0.05円以下の報酬があるとかないとか。

単純に計算すると10分間の動画が1万回再生されると500円の収入となる。

1万回再生ってかなりすごいように見えますが、その対価は思ったよりも少ないように見えます。

 

小遣い稼ぎをするとして、3万円稼ごうと思ったら、10分間の動画が1万回再生される計算だとすると月に60本の動画を作ってアップロードする必要があります。

一本の動画を作るのに約2時間掛かると想定すると月120時間と考え、時給計算すると250円となります。

慣れてくればもっと効率的に作業ができるようになると思いますが、時給250円だったらコンビニのバイトの方が高級取りですね。

投稿した動画がヒットすれば、ウハウハな毎日が送れるかもしれません。

もちろんお金が全てではなく、自分の好きなことをやっているんだという人であれば問題ないかと思います。

 

動画を見る限りは、楽しそうでそれでいてある程度稼いでいるように見えるので華やかな職業に見えますが、その裏側を想像するとかなり地道で大変は作業をしてることが予想できます。

そう考えるとかなりマメな人でないとその勢いを維持するのは困難だと思います。

後は、いろいろ言われてもへこたれないメンタルが必要ですね。

 

かくゆう私もちょっとだけ憧れたので、いろいろ書いてみました。

 

YouTube 成功の実践法則 53

YouTube 成功の実践法則 53